マンガ on ウェブ

マンガonウェブ > コンテスト > 第9回ネーム大賞 > 読者審査レビュー

第9回ネーム大賞
読者審査 全作品レビュー

「第9回ネーム大賞」読者審査の投票数は全部で231票ございました。
そのうち作品レビューがありました138件を、作品ごとに全て公開致します。
(ハンドルネームは以下HNと表記しております。)

 

■A-018 『Outsider's world』ひめここ
・複雑な内容なので、上手くまとめられているか不安ではありますが、ずっと描きたいと思っていたストーリーなので、このネーム賞という場で発表出来てうれしいです。よろしくお願いします。【HN:あこりん】


■A-027 『蛾の仇返し』サンいぬ
・男と蛾の感覚の違いが好きです。最後の「いつも通りだなア」という台詞が心に残りました。【HN:早】
・蛾というあまりないモチーフが素敵で、全体的にふわふわと夢見心地な雰囲気が好きだなぁと思います。【HN:うみお】


■A-047 『ぶぜんちゃん』とんかつ太郎
・ぶぜんちゃんという名前とキャラがとてもよかった。ことばでは説明しづらい、独特の間や雰囲気が面白かったです。【HN:O.N】
・「我が道を行く」ぶぜんちゃんがいい♪友人の反応や心の声、笑えるんだけどやさしさを感じるから好き。最後のシーンになごんだ。そうとう楽しかったんだね?【HN:ぺんちゃん】
・独特の世界観です。くすっとしてしまいます。【HN:mashu】


■A-054 『君の瞳に恋しちゃう?』福吉ロッカ
・表紙の女の子を見た時、どこか懐かしい絵柄だと思ったのは、きっと作者さんと同世代だからでしょうか。
冒頭部分からいきなり海の絵の見開きページにぐっと引き込まれました。きっと素敵な恋の物語が始まるんじゃないかって。コマの割り方で、見せ場では大胆にコマを大きくするなど、全体的に単調にならずにリズムよく読者に読ませる工夫がなされているなと感じました。
主人公の男の子の心情がこと細かく描写されてもしかしてご本人の経験からでもあるのかなとも想像して読ませて頂きました。今回第一話ということで、まだわからないことが沢山あり消化不良な感じがありかすが、この恋の行方はどうなるか気になります。続きを読みたいなと思ったこの作品に1票投じます!【HN:たきの みお】


■B-013 『Low tempo』中村 洋平
・楽器を武器に戦うのが斬新で良かった。【HN:M.H】


■B-034 『ガーターベルトを脱がさないで!』オノデラユズカオ
・えっちでかわいい。ビッチっぽくないのに下心があって積極的な女の子が新鮮。【HN:オノ】
・主人公がかわいい。こんな彼女ほしい。面白かった。【HN:サラダ】
・いまどきっぽい!【HN:ごとう】
・主人公が勢いでガーターベルトを買い、葛藤しつつも「下心からのコーディネート」にハマっていくのが可愛くて笑ってしまいました!【HN:H.Y】
・絵が可愛いし読みやすかった!【HN:東西】
・ペン入れした女の子の表情を見たいです。【HN:りせ】
・和音ちゃんが小悪魔なのに彼に引かれないか気にしてるウブな一面もありとても可愛いです。デート編もあれば見たいな。【HN:みどり】
・赤裸々なストーリーが面白かった!優しい絵柄な恋愛関連のエッセイ?ってなかなか見つからないから、他には書いてないのかな?と思わず探してしまった。これからも頑張ってください!【HN:ゆか】
・ピュアなエロさが溢れた爽やかな作品でした!【HN:ヨシナリ】
・綺麗な絵で見て見たいと思った。ネーム自体は山谷のないストーリーであるけどキャラの可愛さがいいと思った。この性格のキャラを使って書かれるものが見たいと思った。【HN:そい】
・ほのぼのとした可愛さとエロさが絶妙なバランスの作品だと思います!エロくて好きですヽ(*´∀`)ノ【HN:Aoi】
・女の子ならではの心理描写が面白かったです!【HN:ごとう】
・服の一枚だけでこれほどドラマチックに、キャラクターの心理が悲喜こもごも揺れ動いていく様子が楽しかったです。本来的な着方とは違うところで、勝手に自分ルールを作り上げているところが効いていて、その縛りによる心のブレーキで、不思議なチキンレースが成立していたと思います。【HN:Eel】
・ドキドキしました。最初のデートの回想からこれどうなっちゃうの!?感が半端じゃなく有って引き込まれました。いっぱい触られたいけど全部はちょっと待ってと思っている女心がよく分かります!
色気のない格好をしながらスカートの中を見たらビックリするだろうな って所が好きです!
月光に照らされた太ももがアップになっている絵がとても良かったです。
全体的に構成が巧みでテンポよく、飽きさせず、構図も良く、分かりやすくて読みやすかったです。
気軽に楽しめて面白かったです。とても上手い方だと思います。【HN:常夏】
・何処かに居るカップルのドキドキするやり取りをこっそり覗き見ているような臨場感でした!【HN:阿倍野】
・女の子がかわいくてキュンとしました!【HN:なべやき】
・エッチしたいと考えつつもジタバタと考える女の子がエロいし可愛かった。【HN:K.M】
・女性の感情のありかたや、ちょっとした逡巡が可愛らしく。
結構エロによった話でもあるはずなのに爽やかさも感じる作品で、ニヤニヤしながら読めました。楽しかったです。【HN:いちまる】
・外部サイトでお見かけしてこの賞とこちらの作品を読み、ネーム原作!そういうのもあるのか!と驚き、少しでも作者さまのお力になれればと投票した次第です。
作品中の彼女の、現実感の中に理想を持たせた性格がなんとも愛らしかったです。彼女が欲しくなりました…。【HN:邦宮てじな】


■B-037 『Skyloud!』Sanseverino Simone
・作者であるシモーネ・サンセヴェリーノ君は「ヨーロッパ漫画学院(イタリア)」の生徒です。
僕は講師であり、去年彼と同じクラスで出会いました。彼は日本の漫画のことをよく勉強しています。そしてその影響を強く受けています。「レイン」は特殊能力を持つ主人公。彼は吸血鬼だけど、動物の血は大嫌い。そして大好物はチョコレート。粗野だけど憎めない、そんな主人公をシモーネ君が楽しんで描いていることがよく分かります。イタリア人は日本の漫画が大好きです。僕はシモーネ君が第9回ネーム大賞に応募してくれたことを嬉しく思います。シモーネ君、ありがとう!。
Sanseverino Simone, he is a student of "Accademia Europia di Manga(Italia)".
I'm a lecturer and I met him in the same class at last year.
He is studying Japanese Manga a lot. And he is strongly influenced by that.
"Raine"is a hero with special ability. He is a vampire, but he dislikes the blood of animals.
And his favorite food is chocolate.He is wild, but he is not disliked. I understand well that Simone is depicting such a hero with enjoyment.Italians love Japanese Manga.  I am glad that Simone entryed for the "9th Name Grand Prize". Simone, grazie mille!.【HN:I.T】

■B-049 『おねがい神様』トラノイチ
・退屈した神様と、ちょっと壊れた女の子の、怖くて悲しくて、少し温かいお話。神様のビジュアルが、きちんとした絵になった時にどうなるのか。楽しみです。【HN:Y.H】


■B-055 『On Stage 〜ライブで失敗しないたったひとつの冴えたやりかた〜』つつみ和史
・最近売れてるのって暗い漫画が多いよな、王道漫画って少なくなったよな、と思っていた私にとって心揺さぶられる作品でした。
言葉の使い方がとてもうまいと思いました。伝えたいことを伝わりやすく簡潔に。王道漫画においては1番重要なんじゃないかなと思います。凄いスラスラ読めたにも関わらず、簡潔なフレーズが心に残りました。【HN:うんぽこ丸】


■B-057 『ラドベールダンス』九頭上昴
・空想の競技を題材にするところが斬新でした。その競技の中で出てくるアイテムをうまく使えず葛藤するのも、現実世界ではまだ技術的に起こり得ないような葛藤だったので、空想ならではの発想でとてもおもしろったです。現実的なものと空想的なものとの融合がバランスよく表現されていると思います。【HN:Y・A】
・ページ数が多いのに読みやすく続きが気になりどんどん読めました。ただのダンスではなく架空のダンスなところが漫画の良さをいかしている。後半のストーリーには感動させられました。【HN:ルー函】
・オリジナル要素を入れたダンス漫画で絵も見やすく話も熱い。
ネームの時点での画力が高く、完成された「ラドベールダンス」を見たい!と思いました。【HN:ODEN】
・年下のウズくんがお姉さんのキリちゃんを応援してる姿がほっこりして、楽しかったです。知的な表現もステキでした。キリちゃんが踊れるようになって、この後どうなっていくのかなーと気になります!【HN:ぎゅう】
・ラドベールダンスという架空のものをテーマしているが、その説明をすることなく、ストーリーの中でラドベールダンスのイメージを創り上げられる設定が素晴らしいと思いました。【HN:ラドベール】
・アイテムを使ったダンス競技のアイディアは良かったと思うし、個性が認められないところからの復活…というのも共感を得やすいと思う。正直、60選からもれるとは思いませんでした、ネーム大賞は少年漫画っぽい物に不利な感じする。【HN:K.T】


■C-005 『ツクロカ』紀田ゆき子
・子育てを始めたばかりで、子供が好きなはずなのに自分の時間が作れなくて辛くて、なので主人公の気持ちや旦那さんの言葉にグッときた。【HN:ダノン】
・赤ちゃんのリアクションがリアルでかわいくてよかったです。だんなさんの見守る感じも素敵でした。お母さんを応援したくなるお話でよかったです!【HN:mai】
・一香ちゃんの、後ろめたい気持ちわかります。あとおでこがかわいい。【HN:mon】


■C-016 『DEEP FOREST』小湊 真吾
・面白かった!是非映画化して欲しいです…あの関取役は白鵬関でお願いします。【HN:タコユキ】
・1番面白かった。【HN:ナルシン】
・自画自賛で投票しておきます。笑【HN:酸髄かなで】
・内容が刺激的でドン引きですが、正直爆笑しました。【HN:まさにぃ】
・なんか面白かったww次回作にも期待!【HN:藍ちゃんラブ】
・たくさん笑わせて貰えました!【HN:ハリー】
・こんなめちゃくちゃな漫画見たことない。ぜひきちんと完成させて欲しい。【HN:S.K】
・凄く面白かったです!こんな先の読めない漫画は初めてずら。【HN:しょーたんラヴ】
・展開も意味も分からない(笑)【HN:ピアリ】


■C-019 『タロとばーちゃん』かさはら みか
・犬を飼ってる人間としてグッときて涙が溢れました。優しい気持ちに満ちた素敵な作品!【HN:MA3】
・おばあちゃんが一手間かけた美味しい御飯。おばあちゃん大好きタロ。ちょっとメルヘンで、とても心温まるお話でした。【HN:室町 飛鳥】
・なんだか、ほっこりさせられました。【HN:メカ侍】
・優しい物語で癒されました。【HN:青空ぷらす】
・まず第一に読みやすさ。それからキャラクターの素直さ、可愛らしさ。この絵柄のままでいいんじゃないかな…と思える優しいタッチ。ジーンとするファンタジー。大好きなお話です。【HN:すてきん】


■C-030 『ヒューストン』トラ太郎
・時間の貯め方が下手だなと思いました。【HN:てぃどぅこ】
・話の内容、展開面白かったです!最後の終わり方もよかった!絵の描写も上手!【HN:スーザン】
・時間貯金、出来たらいいなと思いましたが、色々考えさせられました!とてもよかったです!【HN:nam】
・時間を「貯める」のが可能になった世界の話。主人公は「無駄」と思った時間をコツコツ貯めているが、そのまま「お金」にも置き換えて読めた。誰でも自分に近づけて読めそうだし、自分だったらどうする?と想像できて面白い。最後はハッピーエンドで心地よかった。【HN:かり目】
・世界観が好き。【HN:y】


■C-040 『クロスオーバーズ』佐藤拓実
・作者の漫画への想いが主人公に反映されていたと思う。アクションシーンの描き方が上手く、「固定」という主人公の能力を上手く使いこなしていたと思う。【HN:生島 遊喜】
・漫画家を目指している人間なら誰もが一度は考える「漫画家のサクセスストーリー」
週刊少年ジャンプの「バクマン。」やヤングサンデーの「アオイホノオ」が代表的だが、そのテーマでの執筆は非常に難しい。何故なら、作者は自らを取り巻く環境をその外側、つまり読者から分かるように解説しなければならないからだ。漫画家マンガは、リアリティを追求すると説明すべき点、共感させる為の前振りなど非常に多くのハードルに立ち向かう事になる。そして全てをこなすと内容が薄くなり、解説漫画に落ち着いてしまう。さらに描く内容の自由度が低いことも陳腐化に拍車を掛ける。本作では、これらの問題を完全に、とは言わずとも概ねクリアしているように思えた。漫画家としての社会生活と電脳空間での迫力あるバトルの両立は、個人的にはオリジナル性のある、非常に面白いストーリーだと感じられた。
バトル要素を加える事によって、展開に幅が生まれる、その描写もエントリー作品の中で高レベルだ。コンセプトやキャラクターデザインなどに若干の既視感を抱いたものの、しかし独自の世界観や人物の信念を魅力的に描けているため、あまり気にならない。特に印象的だったのは、自分の作品のキャラクターが馬鹿にされ、反撃する中で、
「俺の名は ガントレットだ!!」
と名乗りを上げるシーン。この怒りへの共感と叫びに感じるカタルシスにこそ、この作品の魅力が詰まっているのではないだろうか。
この先考えてもらいたい点は、設定のわかりやすさだろうか。具体的には作中での同調率に関する設定が分かりにくい。突然出てきたパラメーターは何なのか、何故突然勝てるようになったのかと、疑問を抱きながらの戦闘シーンになってしまい、少しもったいなく感じた。
発想力や戦闘の構図など、様々な面で高いレベルにあると感じられた本作。私はこの作品に共感できるのが漫画家志望生だけでないと信じている。昔ノートに落書きしたオリジナルのキャラクターをふと思い出させるような、そんな熱い思いを感じられた。【HN:白菜】
・バトルシーンが熱い 絵が好き【HN:丸善】
・とてもワクワクさせられました【HN:N.K】
・熱い展開でおもしろかった【HN:辻斬りマン】


■C-042 『占い屋流使晴の謎な仕事と数奇な話』龍ヶ崎 セイテン
・コン次可愛くて好きです。占い師が戦うのも斬新かと。漢字の間違いとか気になる所もあるけど。【HN:乱月】


■C-043 『ミスターアニキ』ウチヤマリョウジ
・短いうえに、面白かった。すごい。【HN:M.T】


■C-044 『その不幸は芽を伸ばす』黒保ホシ
・優しさや幸せの本質が描かれていて非常に心に残りました。幸せは人の妬みを買う。幸せの裏には不幸せがある。嫉妬からシュウの悪い噂を広めていたあざみ。シュウを守る心優しい四葉。
けれども四葉の優しさや幸せは個人的感情から発露していて、無邪気ですが、どこか独善的で押し付けがましい。そこに不幸の芽が育つ。不幸の芽の養分はまだ誰にも共有されていない個人的な幸せ。
それを消すのには四葉を不幸にするしかなく、そのために自分が不幸になる覚悟で四葉に冷たくするシュウ。自分の幸せだけを考えては相手を幸せにすることは出来ない。シュウと四葉は2人で協力しあえば不幸の芽は伸びないと思う。そして、あざみば自分で独善的な幸せを抑え不幸の芽を制御していく。それはシュウへの愛情があるから耐えられると思いました。【HN:Y.N】


■C-047 『妻、小学生になる。』村田椰融
・魅せ方が上手い。すぐ引き込まれた。こんな短いお話なのに感動して涙が出ました。【HN:てち】


■C-053 『蝶と桜』クガツ
・軍隊でのBL作品ということで泥臭いのかと思って読んでみましたら情景がとても美しくラストの満開の桜の中での再会シーンには胸が熱くなりました。BLでなくて男女のお話でもいけそうですね。画力のある方なので正式な漫画になったらもっと伝わるかもしれません。【HN:H.S】
・何度も読み返し、涙してしまいます。8月に入り読むと特に胸が締め付けられる想いをこの作品に貰えます。【HN:雨音】
・魂よく千里を往く。。。蝶になって戻る男と桜になって待つ男。切なくてうつくしい物語でした。【HN:ちべた店長】
・感動しました!不覚にも涙が…最後桜から出てくるシーンが美しくて、ほんとにいい作品だなと思いました。これからもがんばって続けてもらいたいです!【HN:遊蓮】
・面白かったです。ストーリーに一貫性があり、読みやすかったです。クガツさんの絵はネームから綺麗なので、これでペンが入ったらもっと鮮やかな感じになるだろうなと思いました。【HN:kavuki.y】
・各種展覧会に出展されている好きな作家さんの一人です。桜の儚さが全作品に通底しており、好きな方は好きでしょうね(^^♪【HN:ユニコーン男爵】


■D-016 『ガミガミさん』MIKI
・読みやすく、分かりやすくスラスラと読めて、キレイにまとまっていると思いました。【HN:ko-ko】


■D-017 『跳び出せ!武道ガールズ!』天城能人
・まず第一に漫画の基本としてデッサン、キャラクタ描き分け、キャラ付け、コマ割などしっかりしていて読みやすく、また読み応えがありました。会話やシーンに微エロがあるのにキャラたちが健康的なのでいやらしくなく、女性から見ても全然不快感がなく好感がもてました。何より次の話が読んでみたいと思わされるストーリーです。もっとはっちゃけたのも読んでみたい!【HN:あめつの】
・作品の活き活きとした線とキャラクターの目力に圧等されましたピクスケではいつも作品をスゴイナァ…と眺めては自分の修行に火を付けて頂いております自分もこうゆう引き込まれる漫画がいつの日か描いてみたいです。【HN:chanmaru1968】
・絵も、テンポも、内容も、読みやすくて良かったです。【HN:あめつの】
・王道青春物にエロさもあり続きが凄い気になる作品です、主人公の男の子がどうなってしますのか…。【HN:Y.M】
・本人投票です。【HN:天城能人】


■D-019 『わたしたちは環り続ける』いぬくきょ
・不条理さとホラーで作られた作品 続きが気になる。【HN:サカナビ】


■D-029 『サッカージャンキー』竹田 一義
・サッカーの事はあまり分からないんですが、可愛い子には旅させろって感じで読ませて頂きました!書き続けて下さいね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶【HN:モリリン】
・サッカーマンガだけどもバトル要素も強い。たまにはスポーツ系ではっちゃけたのもあっていいと思いました。キャプツバを思い出す。。【HN:alford】
・神のイレブンが日本代表として、今後どのように戦っていくか楽しみです。【HN:Y.H】
・斬新なストーリーと迫力満点で続きがみたいです!【HN:H.Y】
・サッカープラス格闘漫画かな。【HN:ハヤゾー】
・王道のストーリーだが、勢いがあって、一気に読めた。【HN:ぺろりん】


■D-046 『考えすぎて生きるの辛い。』花楠月
・主人公の想いと、彼を支えてくれている、じいじの温かみある言葉の数々に、何度読んでも感動させられました。素晴らしい作品だと思います。【HN:K.Y】
・絵が好きです。【HN:ジュン】
・一見クールに見える主人公の心の中のドタバタが面白かったです。【HN:かおりん】
・面白かったです【HN:yyy】
・良かった【HN:I.T】
・自分に1票入れたいと思います!【HN:花楠月】
・今後に期待して票を入れます。【HN:hiyo】
・とても読みやすかったです。【HN:さおり】
・面白いストーリー!笑えます!!【HN:YS】
・読み進める度に癒される作品でした。美少年の葛藤がアンバランスで面白いです。【HN:あこ】
・面白かった〜。【HN:Aya】
・おしゃれな感じで、ちょっと怖い。【HN:横ちゃん】
・主人公の想いと、彼を支えてくれている、じいじの温かみある言葉の数々に、何度読んでも感動させられました。素晴らしい作品だと思います。【HN:K.Y】
・ストーリーがおもしろかったです。【HN:はる】
・主人公が今後どうなっていくのか気になる。【HN:しず】
・良かった\(^^)/【HN:T.S】
・本当に考えすぎると生きるの辛くなりますよね。共感します。【HN:H.M】


■D-057 『遠春』徳明妙聡
・伝統という忘れ去られて行くもの、原風景を漫画で描こうとした発想力の凄さ、作品の完成度に期待したいです。【HN:すっす】


■E-005 『BASDEAD』むくむく
・作者様のオリジナリティーが溢れる漫画!一見ただのスポーツ漫画に思えるが違う!個性豊かなキャラクター達が絡み合いラスト、目が離せないストーリー展開でした!つづきが読みたくなるような漫画です!【HN:J.M】
・なんども泣きそうになりました。テンポも良かったです。【HN:ひふきやろう】


■E-017 『鈴虫に生かされて』こじまみのる
・コマ割り・演出力の高さに驚いた。少年の心をもった少女が魅力的に描かれている。【HN:ko-ko】


■E-020 『SANADA6匹』SHIRAYA
・サナダ虫からの発想でしょうか最後まで楽しく読めました!はなこちゃんがアクティブと言うか、ちょっとエキセントリックと言うか(笑)イイ味で好きになりました(*'ω'*)【HN:徳子】


■E-026 『「棒人間」』うんぽこ丸
・ボリュームあるページ数ですが、テンポがいいのでスイスイーッと読めます!脇役属性、劣等感のかたまり、人生うまくいってない、クラスでは陰キャだった、そんな人におすすめ!!【HN:comono】
・キャラクターは超シンプルだけど、すらすら読めるキャラクターには表情がほとんどないのに、感情移入ができるのが魅力的です。マンガって絵よりも内容なんだと気づかされる作品です。【HN:うつの宮ゆう壱】
・棒人間と個性豊かな面々のあつい物語。心臓にぐっっっっときます!!【HN:ふくたんこぶ】
・誰もが1度は描いたことのある"棒人間"。その棒人間が"主人公"を目指して頑張るお話です。
最初は笑いながら読んでいましたが、中盤から終盤にかけての戦闘場面では迫力のある動きに思いがけず圧倒されてしまいました。冒険の末に、"脇役"という存在に悩む棒人間はどういった答えを出すのか…ぜひ実際に読んで確かめて欲しいです。笑いあり、涙ありの王道がここにあります。【HN:しめさばまりお】


■E-028 『ペチカとモロニー』ハヤシエリ
・主人公の存在についての発想が良かった。まさか、主題歌だとは。恋する主題歌と、作品とその主題歌を愛した俳優の交差する思いが良い。そして夢から覚めたような時を経ている描写が切なく、俳優の人生の頂点、煌めきを感じさせる。主題歌が俳優の中でのみならず、永遠にどこかの時代、誰かの心に生き続けるのではないかという思い。そして、読者の私も同じように心に残る作品と出会い、作品や作品の中の何かを愛している、愛していたなと、普段は表に出てこない、心の奥に仕舞われていた記憶と感情を揺さぶられた。
作者の作品に対する想いや衝動が内包されており、あっという間だった。【HN:えんとつさん】
・叶わない恋を映画のように描くのではなく、映画そのものとその登場人物という斬新かつ絶対に交わらなくても納得するしかない、受け入れるしかない壁を切なく温かく創り出すことで描いていると感じました。とても切ないですが、最後の最後にその思いはカタチはどうあれ伝わっていたことがわかり切なさと温かさが同時に加速するようでした。【HN:ダイナマイト・キッド】
・世界観が好き。各々のキャラクターがきちんと役割を果たしている。とにかく好き。【HN:いえちゃん】
・映画のそれぞれの役割をキャラにするという発想がすごいなぁと。
生き生きしたそれぞれのキャラ達が一つの映画を作っていて、それとはまた別に役者たちが映画を作っている。並行世界の2人が恋に落ちる。交わらない2人の恋物語が大好きなので、とても素敵でした。
いつまでもエンドロールが続くようなラストも好きです。【HN:蟻人】


■E-036 『悲しみのルター 〜Vivre dans votre〜』ラ・ピエール
・面白かったです!【HN:Y.Y】
・とにかく絵が綺麗で、構図のバリエーションも豊富。だからテンポ良く読み進められるんですけど、王道系ならではのしっとり感と美しさもあって、とても良かったです。【HN:多数存在】
・悲しいけど綺麗な話でした。涼は岬の「共に生きたい」という願いを叶え、自分を犠牲に人類にリンゴの木を植えたんだと思います。素敵な話をありがとうございました。【HN:ヤス】
・愛する人と過ごしたいという気持ち、愛する人を救いたい気持ち、どちらも相手を思いやってのことだから、よりラストが悲しいです。ネームでありながらも、しっかりと作者の伝えたいメッセージを受け取れる作品でした。【HN:岡田朔】
・引き込まれる世界観にドキっとする最後は感動して胸が締め付けられるとても感動的な話【HN:奏唄】
・コールドスリープした恋人を待つ、と言う悲しくも一途な想いに胸が締め付けられました。彼女に遺したものが血清だけじゃなく、庭の果実と言うのも、きっと彼女のことを想ってのことでしょうね。そんな彼の気持ちがうかがい知れて、また胸を打たれました。【HN:W.Y】
・明日世界が滅びても僕は林檎の木を植えるだろう、というルターの言葉を恋愛SFにして表現した所に感動しました。この悲劇なあったからこそ、世界はウイルスから救われるのだと思います。
また、物語のあちこちに散りばめられた細かな部分がきちんと繋がっていて、短い中に詰め込まれている美しさを感じました。後半の構成も素晴らしかったです。ありがとうございました。【HN:水】


■E-038 『チッキとピピ』圓山りす
・懐かしさの宿る熱血冒険譚。読み進めると想像以上に重い展開であいた口が塞がらなくなる。ペン入れまで仕上げされた本作を是非読んでみたい。【HN:S.K】
・忘れないうちに一票投票。ボス(トカゲ?大山椒魚?)との迫力のある戦闘シーンに才能を感じました。漫画もいいけど映画で見てみたい作品ですね。どの雑誌に載っているかと言われたら困る作品ですが、シリウスやアフタヌーン系ですかね。作者様は頑張ってプロを目指して下さい。【HN:彩太】
・男性コミック誌を今では女子の読んでる時代。その中でホッとする作品。と思って読んでいたのに、チッキが火をつける場面ではかなりドキドキ!だんご虫の煮汁にも(笑)女子的には絵もとても見やすかったので他の作品も読んでみたいです!【HN:けんたとママ】


■E-042 『お下劣大百科』ハンドバーガー
・自分の作品に一票です。【HN:ハンドバーガー】


■E-046 『宇宙人の友達』あ
・サイゴ フタリガ トモダチニ ナレテ ヨカッタ【HN:理系男脂】


■E-048 『兎の眼』千葉愛コ
・共依存の怖さが伝わってきました。バッドエンドですが綺麗な終わり方でした。【HN:O.S】


■E-050 『お宅訪問若葉ちゃん』なおたけ
・ピンクの岩塩がいきるとは!!ラストのまだ謎は続く辺りもきになります!さて次回はどんな物件に出会うのでしょうか…(笑【HN:ワタル】
・主人公のキャラが立ってて面白かったです【HN:たくじ】
・危ない道だと知りつつも進むのをやめられない若葉ちゃんの気持ち、とても共感できました。ホラー物によくある、「なんとなく引き寄せられて…」とか曖昧な動機が一切なく、イライラせずに読めたのも好きです。物理攻撃が有効なタイプのお化けでよかった。岩塩持ってきて正解だったね!【HN:けんた(5歳)】
・主人公の若葉ちゃんは不謹慎な言動をするものの、新人ゆえの意地を張った様子であることがしっかりと伝わってきます。構図も分かりやすく、ほのぼのした場面と緊迫した場面とがうまく表現されています。
期待させるラストシーンに続きが読みたい!と思いました。【HN:うーたろー】


■E-052 『化身使いの4兄弟』琴美むく
・ストーリーや要素などの厨ニ心をくすぐられる感じが非常に私好みでした…(笑)先が気になる形で1話終了していたので、続きへの期待が高まりました!先の展開が非常に気になる作品です。【HN:S.S】


■F-027 『ピエロハンター』R中(仮)
・ゆるいのにちゃんと上手い独特な絵柄が魅力的で引き込まれました。ニャスがけなげで可愛くてたまりません。【HN:きいろ】
・設定など準備せずに書き進めた感じが、逆に勢いがあって面白かったです。【HN:カールおじさん】


■F-045 『ククリヒメ』河内愛里
・死者の声を聞く人というと、白装束を着たイタコをイメージするけども、この作品ではギターを持った現代っ子の女子学生が死者の声を聞く。しかも頭が小ずるく廻るヤンチャな女子なのが面白い。【HN:大阪の山猫亭】
・日本神話とエレキギターと刑事物いいですね。【HN:みーちょ】
・最初は少し不気味でした。でもすぐ面白い!となりました。ククリヒメの菊(聞く)姫の由来や、事件の内容もしっかり説明が入っていて分かりやすく、またテンポも良かったので読みやすかったです。パンツを買って来させるというシーンの流れから、ミミさんと蟻月警部補の今後の関係性が見えて、そこも面白かったです。【HN:咲月まどか】


■F-051 『ジェネシス』松任あしゅ
・そこまで期待せずに読み始め、まずは絵の上手さに惹かれました。サッと描かれているのに、一コマ一コマの表情がとても良いのです。終盤は急展開でページをめくるのがもどかしくなりました。そしてオチが本当に素晴らしかったです。読者の想像出来ないラストだと思います。ネーム大賞に投票するつもりはなかったのに、この漫画に出会ってしまったので、投票ページを探しました。【HN:少女A】