マンガ on ウェブ

マンガonウェブ > コンテスト > 第9回ネーム大賞 > 審査方法・スケジュール

審査方法・スケジュール

スケジュール

審査員による審査

2017年 07月15日~08月15日 1次審査(前半) 全応募作品対象
2017年 08月15日~09月15日 1次審査(後半) 選抜60作品対象
2017年 09月15日~11月15日 2次審査 30作品対象
2017年 11月15日~12月15日 最終審査 10作品対象

読者審査

2017年 07月15日~11月15日 全応募作品対象 読者のメール投票により決定します。

1次審査(前半)チーム審査

全応募作品・7月15日〜8月15日(8月15日に60作品発表)
1次審査(前半)では審査員が2人1組になり、全応募作を振り分け、チームごとに審査します。

審査は7月15日〜8月15日の期間に行われ、8月15日に選定された60作品を発表します。
審査員は4項ごとに5点満点(合計20点満点)で講評します。
キャラクター、ストーリー、演出力、オリジナリティの4項目が審査の基準となります。
絵柄の完成度が高いからといって評価することはありません。ネームそのものを審査、評価します。
 
※応募作品の振り分けは運営側でエントリー順にランダムで行っています。審査の担当者は選べませんのでご理解ください。同一作者さまより複数応募の場合、偏りがないようには心がけております。
※チーム数が変更になる場合があります。予めご了承下さい。

1次審査(後半)個別審査

選抜60作品・8月15日〜9月15日(9月15日に30作品発表)
1次審査(後半)では前半で選出された60作品(10作品×6チーム分)を、各審査員1人ずつ個別で審査します。
その後1次審査員が集まり、審査会議を行って、協議の末30作品を選定します。
審査は8月15日〜9月15日の期間に行われ、9月15日に1次審査を通過した30作品を発表します。

2次審査

選抜30作品・9月15日〜11月15日(11月15日に10作品発表)

1次審査を通過した30作品の中から、最終審査に推薦する10作品を、2次審査員が個別に選定します。

審査員は、30作品を、4項目・各5点、20点満点で講評します。

(講評方法は1次審査と同じです。)

点数が多い順に、最終審査へ進む10作品を決定します。

最終審査

選抜10作品・11月15日~12月15日(12月15日に大賞・準入選・佳作発表)

1次・2次審査員の全員で、投票を行い、最終審査ノミネート10作品の中から、大賞、準入賞、佳作を決定致します。

協賛企業賞は各企業が選出します。

※上記審査方法・発表日時の内容等は変更となる場合もございます。予めご了承下さいませ。

 

審査員の紹介

読者審査

全応募作品・7月15日〜11月15日(12月15日に1位〜5位まで発表)

 

すべての応募作を対象に読者がメールで投票を行い、投票が多かった順に決定します。

投票は誰でも1人1票することができます。

作品応募者は各SNSなどを使って自分の作品を自由にプレゼンやアピールすることができます。また応募者自身も読者として投票が可能です。

投票受付期間は7月15日〜11月15日で12月15日に1位から5位が発表されます。