Web漫画 Webコミック 無料で漫画読み放題 漫画onWeb

HOME > お知らせ > WEB雑誌「マンガ on ウェブ」情報
2014/11/19

WEB雑誌「マンガ on ウェブ」情報

 

こんにちは。
WEB雑誌制作担当の佐藤秀峰です。
こちらの記事では、2015年4月創刊予定のWeb雑誌『マンガ on ウェブ』についての情報をお伝えしていきます。
 
漫画 on Webでは、Web雑誌『マンガ on ウェブ』創刊にあたり掲載作品募集しています。
雑誌では、「既存の商業漫画の枠に囚われない自由な発想の作品」「電子書籍ならではの漫画の新たな表現の可能性を感じさせる作品」を広く求めています。
応募資格は問いません。
プロ漫画家の作品に加えて、アマチュア漫画家の作品を積極的に掲載します。
また、サイトに投稿された作品の中から、面白い作品を積極的に掲載していきます。
(サイトでは投稿作品も広く募集しております。詳細はこちら
その他、Web上、紙書籍に関わらず、すでに発表されている作品であっても面白い作品をどんどん掲載していきます。
雑誌のご興味をお持ちの方、HPやブログなどで作品を発表しているという方は、ぜひご応募をご 検討ください。
 
今回は、掲載作品の募集に先立ち、どのような雑誌を作ろうとしているのか、どのような作品を求めているのかをご説明します。
 
 

■なぜWEB雑誌を作るのか?

WEB漫画には漫画の新たな可能性があります。
商業漫画誌で発表される漫画は、限られた雑誌のページ数の中で他の作品と常に競い合うため、非常にクオリティが高く、多くの読者の興味を惹きます。
その反面、商品としての側面が重要視され、パブリックな表現が求められるため、制約が多く、作家が個性を出しにくいという面がありました。
 
一方、WEB漫画には商業の枠に囚われない自由な発想の作品が溢れています。
商業漫画誌の ようにページ数の制限もないため、紙書籍にはない表現も可能です。
誰でも気軽に作品を発表でき、WEB漫画は描き手にとっても読み手にとっても、漫画の新たな楽しみ方を提供しています。
 
しかし、誰でも気軽に作品を発表できるため、必然的に作品の質はバラバラになります。
発表場所もHPやブログ、投稿サイトなど様々です。
様々な質の作品が混沌としたネットの海に浮かんでいる今、読者はそこから面白い作品を見つけ出すことが、困難になりつつあるのではないでしょうか。
 
そこで漫画 on Webでは、Web雑誌『マンガ on ウェブ』を立ち上げを考えました。
 
毎日、様々なサイトをチェックしなくても、日本中のあらゆる電子書籍サイト、ストアで読めて、一定のクオリティの作品が集まっている雑誌。
KindleでもiBooksでもKoboでも、それぞれの読者が利用しているサイトで読むことができ、それを読めばWEB漫画の現在がわかるような雑誌。商業漫画誌とは違うオルタナティブな作品が並ぶ雑誌。
そんな雑誌が必要ではないかと考えました。
 
 

■どんな作品を求めているか?

求めているのは「面白い作品」です。
連載や読み切りなどの形式、SFやスポーツなどのジャンル、少年向け、青年向け、女性向けなど読者層へのこだわりはありません。
ストーリー、ギャグ、エッセイ、4コマなど何でもOKです。
ページ数やカラー、モノクロなどの制限も特にありません。(概ね1話50ページ以内が好ましいとは思っていますが…)
WEB上の様々な場所に散らばっている漫画を雑誌にまとめ、読者の利便性をアップさせることを目的の1つとしていますので、新作はもちろん、すでにブログや投稿サイトで発表している作品でも構いません。
電子書籍やWEB漫画へ興味を持っている様々な年齢、性別の読者へ、漫画の魅力を伝えられる雑誌を作りたいと思っています。
また、WEB漫画に限らず、商業誌向けに描かれた作品、商業誌ですでに発表済みの作品も大歓迎しております。
 
Web雑誌に掲載される作品には、すべて掲載料が支払われます。
さらにWeb雑誌の産み出した利益が掲載料を超えた場合には、ロイヤリティをシェアします。
※売り上げから雑誌制作に関わる諸経費を差し引いた金額が掲載料を超えた場合
作品の著作権や出版権などあらゆる権利は作者さまに帰属し、漫画 on Web/佐藤漫画製作所は、一切の独占的な権利を保有しません。
つまり、Web雑誌に掲載されても他所での作品発表、販売は自由。
ブログやHPですでに公開されている場合は、それらを非公開にする必要もありません。
さらに電子書籍化、アプリ化のお手伝いをすることもできます。
 
 
作品募集要項について詳細はこちらをご覧ください。
 
次回はすでに掲載が決定している作品の一部をご紹介します。
 

コメント

Twitterからのコメント

関連記事