マンガ on ウェブ

マンガonウェブ > お知らせ > WEB雑誌「マンガ on ウェブ」情報 Vol.2
2014/12/04

WEB雑誌「マンガ on ウェブ」情報 Vol.2

 

こんにちは。
WEB雑誌制作担当の佐藤秀峰です。
こちらの記事では、2015年4月創刊予定のWeb雑誌『マンガ on ウェブ』についての情報をお伝えしていきます。
 
さて、創刊に向け、続々と作品が集まり始めています。
すでに掲載が決定している作品だけで350ページ以上もあるという驚くべき状況となっております。
新人からベテランまで様々な個性の作家、作品が集う雑誌になりそうです。
 
今回は、その中から雑誌の目玉とも言うべき大注目の作品をご紹介します。
 
 
連載作品第1弾は、塀内夏子さんの「EVIL ~光と影のタペストリー~」です。
 
塀内さんと言えば、「オフサイド」「Jドリーム」など、スポーツ漫画で有名な超ベテラン作家。
その塀内さんの完全描き下ろしの新作が「マンガ on ウェブ」に連載されます。
しかも、塀内さんが挑むのは新境地となる本格サスペンス。
これは楽しみとしか言いようがありません。
 
さっそく、予告カットをご覧ください。
 

 
 
 
■「あらすじ」
 
アツトとみずきは美大受験を目指す高校3年生。
ある時、受験用コンペでアツトのデッサン「逆光のマルス」が高い評価を受ける。
しかし、それをさらに上回る「光のヘルメス」にアツトは圧倒された。
誰が?こんな凄い絵を!?
…作者は隣の男子校の高校3年生のエイジ。
大きく衝撃を受けるも、3人はすぐ名前で呼び合うほど仲良しになる。
 
巷では猟奇連続殺人事件が騒がれていた。
犯人は…?
3人のアトリエ。幸せな光があふれる美術部。
影を描いて光を表現したエイジの絵。
アツトもみずきもその絵のあまりのまぶしさに、エイジの影に潜む闇の深さなど、思いもよらなかった…。
この殺人事件が3人の青春にどうかかわってくるのか?果たして…。
 
 

 

楽しみ過ぎます…!!!

 
塀内さんにコメントをいただきましたので、ご紹介します。
 
 
 
 

 
・新作はどのような内容の作品ですか?
 
 絵を描く男の子の物語。
彼らの青春ストーリーに猟奇殺人事件がからんでいく。
強いて言えばサスペンスだろうか。
切なく美しく、かつ力強く、残酷でおぞましく、最後には希望を。
 
 
 
 
・塀内さんと言えば、スポーツ物のイメージが強いですが、なぜ新境地に挑まれたのですか?
 
 前から描きたいとは思っていた。
もちろんスポーツ物も描きごたえがあった。
ただ、長くサッカーの物語を描いてきたのでサッカーに比べたら他のスポーツはややものたりなかった。
今まで描いてきた物の焼き直しになるなら意味ないと思った。
 
 
 
 
・この作品を執筆しようと思われたきっかけ、動機などを伺わせてください。
 
 何年か前から何人かの編集さんに構想を話したところ、ある部分が差別表現のようなものにひっかかる、と言われて、問答無用でNOだった。
少し変えれば…との提案も受けたが、テーマにもかかわる箇所なのでそこは変えたくなかった。
で、この作品はもう雑誌では描けないんだな、とあきらめた。
それでも描きたいなあ、と思っていた。
それと、私の作品はなんとなく長―くなってしまいがちで、枚数がある程度自由になるなら望ましいか、と。
もちろん差別表現は気をつけるし、ウェブだから何を描いてもいい、とは思ってはいませんが。
 
 
 
・作品に対する意気込みをお聞かせください。
 
きちんと最後まで描けるといいなあ、イメージ通りに、それ以上に。
佐藤さん、スタッフの皆様、一緒にがんばろうね。
 
 
 
 ああ、スタッフに暖かいお言葉まで…。
 
 

もう4月の雑誌創刊が待ちきれませんね!!

 
 
次回も掲載作品をご紹介します。
果たして、どんな作家のどんな作品が登場するでしょうか。
お楽しみに!
 
 
 
WEB雑誌「マンガ on ウェブ」では、引き続き掲載希望作品を募集しております。
作品募集要項について詳細はこちらをご覧ください。

コメント

Twitterからのコメント

関連記事