Web漫画 Webコミック 無料で漫画読み放題 漫画onWeb

HOME > お知らせ > 【第8回ネーム大賞】協賛企業のご紹介 株式会社NEWBOOKさま
2016/11/30

【第8回ネーム大賞】協賛企業のご紹介 株式会社NEWBOOKさま


こんにちは、佐藤漫画製作所Webスタッフ鈴村です。

『第8回ネーム大賞』もいよいよ最終審査に突入いたしました。

最終審査では、残った10作品から1次審査員、2次審査員全員による投票が行なわれ、大賞、準入賞、佳作が決定いたします。
そして、最終審査10作品には、ご協賛企業さまにご用意いただいた特別賞を獲得する権利が与えられます。
特別賞は各ご協賛企業さまが独自に審査、選出されます。
 
こちらの記事では、ご協賛企業さまのご紹介をいたします。
ご紹介は1社さまずつ順に行なってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


本日のご紹介は、物流を通して、世界中の子どもたちに素晴らしい未来を届けたい! をモットーに物流業界のサンタクロースを目指しておられます。

 

株式会社NEWBOOKさまです!!

 

(※下記より株式会社NEWBOOKさまのホームページより一部画像やテキストを引用しています)

 

 

 

出版物流事業を軸にさらなる飛躍に取り組んでおられます、NEWBOOKさまの事業についてご説明させていただきます。

 

 

 

 

1.出版物流事業 EC事業者様向けサービス

 

株式会社ニューブックは、1965年東京都練馬区に出版物加工業として創業以来、およそ半世紀、出版業界の移り変わりと共に、常に出版社様の良きパート ナーたるべく、スピード、品質、コストパフォーマンスを兼ね備えながら、最良の出版物流ソリューションをご提供させていただくべく邁進してまいりました。
そして、これからの半世紀、「私たちの全ては、世界中の読者に、知識と感動をお届けするためにある」をミッションとし、出版業界の皆様と共に進化を続けて参ります。

取次出庫業務、直送出庫業務、商品管理・返品仕分、書籍改装・流通加工、受発注・取次業務代行などあらゆる業務を幅広く展開しておられます。

出版物流について困ったことがあればぜひ一度ご相談ください!

 

 

 

 

2.フルフィルメント事業 出版業界に新たなイノベーションを起こす

 

フルフィルメントとは、英語で実行、業務遂行といった意味をもち、通販・ECで商品が注文されてから、お客様のお手元に届くまでに必要な業務全体のことを指します。
弊社では、2000年からスタートしたフルフィルメントサービスも今年で15周年を迎えました。個人向け発送件数、月間30万件超、自社ECサイト構築はもとより、WEB API連動、ECサイト様の倉庫型店舗ソリューション等、経験、実績が豊富です。
物流(商品の発注、検品、梱包、発送、在庫管理)をはじめ、CRMの強化・顧客データ管理を徹底しリピート率の向上を図ります。
もちろん、返品処理、クレーム処理などを代行するコールセンター代行サービスも提供可能です。

 

 

 

 

3.プリントオンデマンド事業

 

「プリント・オンデマンド」とは、出版社様、コンテンツホルダー様からお預かりしたコンテンツデータを基に、読者からのご注文をお受けしてから「印刷・製 本」するデータベース・パブリッシングです。1冊からでも、必要な時に必要な分だけ製本するため、絶版、品切れになってしまった書籍も機会損失をおこすこ となく販売可能です。
また、在庫を持たない為、固定費としての倉庫料はかからず、最小限のリスクで製本・販売ができます。
書籍以外にも、名刺、ポストカード、チラシ、目録、その他、あらゆるカスタマイズに対応できますので、お気軽にご相談ください。

 

  (※株式会社NEWBOOKさまのホームページからの一部画像やテキストの引用はここまで)

 

 

上記の3本の事業柱を積極的に推進し、100年企業となるべく、お客様のために「最高の物流・流通」をご提供しておられます。

 

 

本が売れない時代に出版業界に新たなイノベーションを起こす「プリントオンデマンド事業」を活用するべき時代がきていると思います。

 

『第8回ネーム大賞』では、株式会社NEWBOOKさまの暖かいご支援により、

 

NEWBOOK特別賞(1名)…賞金10万円+製本直送.com1回利用権利!

(上限は50P・30冊まで制作可能です)

を設けさせていただいております。


コンテンツをお持ちでどこかに物流事業、EC事業をお任せしたいなんて方には適任のNEWBOOKさま。

個人でもECショップを簡単に開設できる時代になりました。

抱えている業務を簡素化・効率化したいなんてお考えの方は、一度ご相談してみてくださいね。

 

 

コメント

Twitterからのコメント

関連記事