マンガ on ウェブ

マンガonウェブ > お知らせ > 【第9回ネーム大賞】協賛企業のご紹介 株式会社小肥羊ジャパンさま
2017/12/04

【第9回ネーム大賞】協賛企業のご紹介 株式会社小肥羊ジャパンさま

 

こんにちは、佐藤漫画製作所Webスタッフ鈴村です。

 

『第9回ネーム大賞』もいよいよ最終審査に突入いたしました。

最終審査では、残った10作品から1次審査員、2次審査員全員による投票が行なわれ、大賞、準入賞、佳作が決定いたします。
そして、最終審査10作品には、ご協賛企業さまにご用意いただいた特別賞を獲得する権利が与えられます。
特別賞は各ご協賛企業さまが独自に審査、選出されます。
 
こちらの記事では、ご協賛企業さまのご紹介をいたします。
ご紹介は1社さまずつ順に行なってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 


本日のご紹介は、健康で美味しい本場中国の「本格火鍋」をできるだけ安く最高のサービスで提供するをモットーに全国展開されております。

株式会社小肥羊ジャパンさまです!!

 

 


「中国で生まれたシャオフェイヤン」、現在では日本国内に17店舗展開されております!

さて、「小肥羊」(シャオフェイヤン)とはどんなお店なんでしょうか?

 

(※下記より一部画像、テキストを株式会社小肥羊ジャパンさまホームページより引用しています) 

 

▲包頭市で誕生した小肥羊1号店
 

ある時、小肥羊の創業者である張鋼(チョウ・コウ)は、羊肉をより美味しく食す方法はないかと考えました。そこで注目し たのが、ラム肉を使った代表的な料理「火鍋」。「中国三大火鍋」と呼ばれる、四川・広東・北京の火鍋のエッセンスを盛り込みつつ、まったく新しい食べ方を 提案すべく、研究に没頭していったのです。
そして完成した火鍋こそ、「究極のスープ」のみでラム肉本来の味を楽しむことができる、小肥羊オリジナルの一品。「タレをつけて食べる」という、それまでの概念を覆した革命的な火鍋でした。
張鋼はそのレシピを携え、1999年に内モンゴル自治区包頭市に、小肥羊1号店を開店。

「もっとたくさんの人にラム肉をおいしく食べてほしい」という気持ちが形になった瞬間です。


 




小肥羊の火鍋スープは、白湯(パイタン)スープと麻辣(マーラー)スープの2種類。この特製スープは、ラム肉特有の臭みを取り、ジューシーな食感が引き立 つよう工夫されています。また、肉の食感を柔らかく保ち、何回肉をくぐらせても味が薄くならないのも、このスープの特徴。最初から最後まで、最高の味を楽しんでいただけるようになっているのです。

香辛料には、中華栄養師と医学専門家の指導のもと、大蒜(にんにく)、棗(なつめ)、党参(とうじん)、良姜(りょうきょう)、龍眼(りゅうがん)、枸杞の実(くこのみ)など、数十種類の精選した漢方食材を使用。スープの仕上げにこれらの食材を加えることで、血行促進や美肌、滋養強壮、老化防止の効果が期待できます。

(※株式会社小肥羊ジャパンさまホームページからの引用はここまで)

 
 
寒い日などはあたたかい火鍋が食べたくなってきましたね!
季節柄お鍋が食べたい!
でも、家で火鍋するのはレベルが高い…。だけど、本格的な火鍋が食べたい
そんな方は迷わず、小肥羊店舗へ駆け込みましょう。
身も心も暖かくなること間違いなし。
これから年末の宴会シーズン到来! お友達や家族誘って火鍋を囲む幸せ、噛みしめましょう。
 
 
 
『第9回ネーム大賞』では、そんなおいしい火鍋をいつでも堪能できる小肥羊ジャパンさまの暖かいご支援により、
小肥羊特別賞(1名)…賞金10万円+全国の小肥羊店舗で使用できるお食事券50,000円分
 
を設けさせていただいております。
これからの季節にぴったりのあたたかい火鍋をみなさまもどうぞご堪能くださいませ。
 
 
お食事のご予約、店舗情報はこちら
 

コメント

Twitterからのコメント

関連記事