マンガ on ウェブ

マンガonウェブ > お知らせ > 【第10回ネーム大賞】協賛企業のご紹介 株式会社ボイジャーさま
2018/11/21

【第10回ネーム大賞】協賛企業のご紹介 株式会社ボイジャーさま

 

 

みなさま、こんにちは。

『第10回ネーム大賞』もいよいよ最終審査に突入いたしました。

最終審査では、最終ノミネートに選出された10作品について1次審査員、2次審査員全員による投票が行なわれ、大賞、準入賞、佳作が決定いたします。

そして、最終審査10作品には、ご協賛企業さまにご用意いただいた特別賞を獲得する権利が与えられます。特別賞は各ご協賛企業さまが独自に審査、選出されます。

 

こちらの記事では、ご協賛企業さまのご紹介をいたします。

ご紹介は1社さまずつ順に行なってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

本日のご紹介は、デジタル出版専門の出版社、株式会社ボイジャーさまです!! 

 

(※下記よりボイジャーさまのホームページより一部画像やテキストを引用しています)

 
まず、ボイジャーさまがどのような会社かということをご紹介させていただきます。
 

 

PRODUCTS

 

 
弊社は数年前から電子出版のためのWebサービス「Romancer」を利用させていただいております。
MS WordやPDF、連番画像から電子本ファイルEPUB 3が作成され、画像を用意するだけですぐにEPUB化が可能となりました!
 
 
 

 

電子書籍ファイル制作支援 プロフェッショナル変換サービスのご案内

日本の電子出版のパイオニアである株式会社ボイジャーは、25年以上にわたり培ってきた日本語組版やフォーマット技術を活用して、InDesignやMS Word、テキストデータ、底本などから、業界標準のEPUB3ファイルへの変換サービスを提供しています。当サービスは品質・納期・費用などで高い評価をいただいており、高品質なEPUB変換サービスとして定評があります。

 

 

 

 

PROJECTS

 

片岡義男 全著作電子化計画(片岡義男.com)

 

作品を1冊単位で販売していく商売は、いまや一握りの大手出版社と作家だけにしか許されなくなりました。これから新しい出版の形を探らねばなりません。私たちはその試みとして、片岡義男さんと読者が直接コミュニケーションをし、出版活動を続けていくプロジェクト「片岡義男 全著作電子化計画」をはじめました。2015年7月スタート。

 

 

それは「ない」からはじまった——『阿久悠と歌謡曲の時代』


 

音楽プロデューサー・佐藤剛によるRomancer 発の連載企画。阿久悠がどのように作詞家として歩みはじめたか、詳細にお届けします。デジタル出版からスタートしていくであろう多くの新しい“作家”のみなさんへ、本連載が勇気を与える力となることを期待しています。2017年7月より好評連載中。 

 

 

ボイジャーさまは、電子書籍という言葉がない1992年から新しいメディアの創造をめざし、チャレンジされております。

 

 
 

STORE

 
 
弊社、佐藤漫画製作所&電書バト作品も「マンガonウェブ ボイジャー店」として、
特別サイト仕様で展開していただいております!
 
 
 
 
そして、11月1日にボイジャーさま直販の書店として、「理想書店」がオープンいたしました。
 
 
 
 
 
理想書店とは

理想書店は、こだわりの電子本を販売する書店です

有名無名を問わず「自分の作品を読んで欲しい」という作家の熱い想いから生まれた電子本が集まりました。

ブログ・SNSとは違い、まとまった分量の情報が整理され、1つの作品として読者に届けることができるのが電子本の良さ。
作品の顔とも呼べる表紙に、作家の個性が出るのも面白いポイントです。紙の出版ではできないようなニッチなジャンル・切り口・経験・教訓が詰め込まれた特別な1冊と巡り合ってみませんか。

個人の力で電子本が生み出され、そして電子本を読む楽しさを、あなたの身近でお伝えする書店にしていきます。
 
 
 
 
今なら新規会員登録でiPadが当たるキャンペーン中です、これは今すぐ会員になるしかないですね!!
 
 

   (※ボイジャーさまのホームページより一部画像やテキスト引用はここまで)

 
 
 
『第10回ネーム大賞』では、ボイジャーさまの暖かいご支援により、
 
ボイジャー特別賞(1名)…賞金10万円

 

を設けさせていただいております。
 
ぜひ、この機会に新しい作品の出会いの場としてもチェックしてみて色々と検索してみてください!
 
 

コメント

Twitterからのコメント

関連記事